IGATTA COLLETTI/イガッタコレッティ 鯖江バングルなどライフスタイルブランドのオンラインショップ通販

 

イガッタコレッティ iPhoneケース

熟練の磨き職人が丁寧に仕上げた、
しっとりとした艶と鋭角なエッジが美しいiPhoneケース

手にしっくりと馴染み、美しい印象を与えるイガッタコレッティのiPhoneケース。
しっとりとした、なめらかな艶と鋭角なエッジが効いたスクエアのフォルムは、17にも及ぶ工程を経て導き出されたカタチです。

イガッタコレッティ iPhoneケースイメージ

素材となるのは、眼鏡フレームに使われる植物由来の自然素材アセテート板。
特有の“しなり”があって割れにくく、軽く、やさしく、掌にフィットする心地いい触感とカラフルなカラー&モザイクが持ち味です。眼鏡1本分に相当する厚さ4mmのアセテート板から、約2mmまで贅沢に『削り出し』して携帯性を高めました。

さらに、『裁断』、反りをなくす『平押し』、『切削』、バリや凹凸をとる『ガラ』と呼ばれる『中間仕上げ』、『磨き』、『洗浄』などを繰り返していきます。

イガッタコレッティ iPhoneケースイメージ

なかでも『磨き』の工程は、独特の艶とフォルムを作る上でなくてはならないもの。この『磨き』を担当するのが、眼鏡づくり歴50年という熟練の磨き職人 山田和夫さんです。
山田さんは固さの異なるフェルトでできた『バフ』をモーターで高速回転させると、慣れた手つきでアセテートのパーツを押し当て、ひとつひとつ『手磨き』していきます。

「エッジの角を立たすか丸くするかで、使うバフが違ってくるんですよ。最近は、眼鏡だけでなくiPhoneケースや時計などいろんなカタチに対応してますが、初めてのものをやるときドキドキするのは、何年経っても同じですね。このiPhoneケースは、45度の鋭角にエッジをカットするので、フレームと角のつなぎが難しい。やっていくなかで、だいたいカンでこうすればいいとわかってくるんですが、そこはもうやっぱり経験でしかないですね」と、山田さんは熟練の技を語ります。

イガッタコレッティ iPhoneケースイメージ

真摯な手技で作られたiPhoneケースに浮かぶシルバーのイガッタコレッティのロゴは、伝統ある漆器の技法である蒔絵をシルクスクリーンで描きました。このロゴ部分は、オリジナルデザインや企業ロゴを施すこともできますので、ノベルティなどにも最適です(お問い合わせからご相談ください)。

見て、触れて、使うほどに、魅力が深まり、愛着が湧き、気分が上がる。毎日必ず手にするものだからこそ、そんなオリジナルの逸品を選びませんか。

イガッタコレッティ iPhoneケース ゴールドモザイク、ブルーモザイク、ホワイトモザイク

イガッタコレッティ iPhoneケース アイボリー、ブルーマーブル、グレーマーブル

イガッタコレッティ iPhoneケース レッドマーブル、ブラックマーブル、パープルマーブル

バングルウォッチ インサイドストーリー(裏話)

五十嵐:iPhoneケースは、お客さまのリクエストから生まれたもの。前に一度, ポリカーボネート素材で作ってみたんだけど、落としたときに割れやすかった。今回は、ラバーを組み合わせることで強さも増し、手にしっくりと馴染む仕上がりになったよね。
津田:今回、特に力を入れたのがアセテート素材の『磨き』。五十嵐さんから指定された45度のエッジに仕上げるのは、自動研磨では絶対できないこと。長年眼鏡づくりに携わっているベテランの磨き職人に、ひとつひとつ手磨きで仕上げてもらっています。

Amazon Pay